1. TOP
  2. 学校紹介

学校長からのメッセージ


学校長 松岡 信夫

現在のわが国では、少子、高齢社会の進展に伴う医療、介護の重要性や医療に対する国民意識の変化などを背景に、准看護師、看護師に対する期待が一層強くなっている一方、その不足が心配されています。

本校は、高等課程准看護科と専門課程看護科の両課程があります。准看護科は昭和27年に創立され、さらにキャリアアップを目指す准看護師のために昭和46年に香川県では唯一の夜間定時制の看護科を併設しました。創立以来、准看護科は4,022名、看護科は1,931名を地域医療、福祉を担う看護職員として送り出しています。

本校の学生は、様々な人生経験を積んだ社会人も多くおり、お互いに切磋琢磨し、また医療機関で働きながら看護専門学校に通うという大変な努力をされています。従って、早くから自然と医療現場を経験することで、日々看護の原点である病んでいる患者さんを分け隔てなく思いやる心と、科学に基づく知識と、技術の大切さを身をもって感じています。私達教職員はその気持ちを大切にして、さらに育んでいくために素晴らしい多数の講師の先生方と臨地実習病院にサポートして戴いています。

看護の道を目指す皆さん、学ぶことに年齢制限はありません。自らを高めようとする先に明るい豊かな人生が待っています。入学して来られることを私達は期待して待っています。

学校概要

教育理念

生命の尊厳と人間尊重を基本理念として、人と社会を愛する豊かな人間性を育み、地域住民の健康生活に貢献できる有能な看護実践者を育成します。

教育目的

生命の尊厳と人間尊重を基盤とした豊かな人格と教養を身につけ、社会の要請に応えられる看護の専門職業人として基礎的知識・技術・態度を修得し、保健・医療・福祉の一員として科学的根拠に基づいた安全な看護を実践する看護師・准看護師を育成します。

施設案内